さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Today」の詩、ママたちほろり 翻訳され絵本に

朝日新聞より
「Today」の詩、ママたちほろり 翻訳され絵本に
http://digital.asahi.com/articles/ASGC27RYLGC2PTFC00K.html

娘はもうすぐ10歳だけど、
この詩を読んで、ほろほろきました。

子どもが小さいときだけじゃないと思う。
ちょっと大きくなっても、手がかかるときはかかる。

いっちょまえな口聞いてきて、
自分がどうしようもなくなるときもある。

自分の時間が少なくなって、
悲しくなるときもあるけど、
この詩を読んで、ほんわかしたい。


(追記に「今日」を掲載)

今日
(伊藤比呂美 訳)

 

今日、わたしはお皿を洗わなかった

ベッドはぐちゃぐちゃ

浸(つ)けといたおむつは

だんだんくさくなってきた

 

きのうこぼした食べかすが

床の上からわたしを見ている

窓ガラスはよごれすぎてアートみたい

雨が降るまでこのままだと思う

 

人に見られたらなんていわれるか

ひどいねえとか、だらしないとか

今日一日、何をしていたの? とか

 

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた

わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた

わたしは、この子とかくれんぼした

わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った

わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった

わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

 

ほんとにいったい一日何をしていたのかな

 

たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと

でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは

澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために

すごく大切なことをしていたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、

わたしはちゃーんとやったわけだ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。