さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと一緒に上靴を洗いました




神戸で小学生を過ごした私には、学校に上履きがいるとは、
思いもよりませんでした。

今娘が、週末に上履きを持って帰り、先生から
「自分で、洗ってきいや」
と言われています。

ですが2学期に入ってから、生活リズムが崩れたこともあり、
子どもはなかなか洗わない。
私の呼びかけも、中途半端だったらしく、
結局、私が洗っていた。

ですが、今日、
「今日洗ってみる?」
とお風呂場で声かけしました。
「う~ん」
と気のない返事。

でもいざ石けんをつけブラシを動かし始めると、
集中!!!
自分の身体よりも、集中して洗っていました(笑)

親子で15分後、結構かがみ込んだ姿勢だったので、
結構腰がやられましたが、楽しかった~

娘も

「おもしろかった~(^o^)」

私はその感想で、しんどさも吹っ飛びました。

家の家事を、みんなでやる。
大変な作業だけど、
ちょっとした作業だけど
単純な作業だけど

心がこもった作業です。

二人でこの作業ができてうれしかったです。
娘が大きくなって、子どもをもつようになったら、
同じように、子どもと一緒に、いろいろ洗ったりするのかな。


な~んて考えながら、家事は人を思いやる行為、愛情表現の一つだと確信しました。


今から、4時間前、家事塾の2級家事セラピストの認定試験の結果の合格メールできました。
家事について、単なるスキルではなく、家事を通した文化の形成、家族形成、子育て、
自己表現、経済活動、文化活動、全てに通ずるテーマだと、
改めて思い出す私でした。



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。