さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チビは友だちの顔に手を出す

保育園に着くと、既に登園しているお友だちが「おはよう」といって、楓に寄ってきます。ところが…、うちの楓はいきなりその友だちの顔に向かって、手を出します。勢いがついてるから、目に当たりそうになるし、友だちはびっくりして泣いたり、または怒って反撃したり、ママはその楓の行為に、困った!と思っていました。
ところが、今日その行為の意味がわかりました。
今朝は、楓は静かにたたずんでいるお友だちに向かって近寄り、顔に手をかけました。すると、両手で、お友だちのほっぺたをさわり、むにゅと(タコさん口のようにするように)していました。それから、人差し指でほっぺたを押したり…。要は顔を触ってスキンシップをしていたのです。静観していると、さらに楓はその友だちに抱きつき始めました。
楓の愛情表現だとわかり、その行為がほほえましく感じました。でも子どもなので、力加減やタイミングがわからず、いつもお友だちに誤解されていたのね。そして、ママ自身も。
「そっか、そっか~」と納得していると、楓がしつこく続けているので、そのお友だちがやっぱり嫌がってきました~。そして、また相手を泣かせることに…。
楓の今後のスキンシップの成長に期待!
ぽぽ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。