さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中耳炎になってしまいました

もう1年前から、お鼻ズルズルの状態が続いていました。以前入院していた大阪厚生年金病院に、今、月1で通院していて、その時に看護婦さんに「お鼻ズルズルが続くと、副鼻腔炎やちくのう症になるかもしれないから一度耳鼻科に行った方がいいよ。私の子どももそうだったから」とアドバイスされ、その数日後に耳鼻科に行きました。
早速診察を受けるとすぐ、「中耳炎ですね」と…。考えてなかったが、よくよく考えてみると、時々機嫌が悪かったり、夜中何回も起きたり、微熱があったり…。これらは全部中耳炎の症状です。おそらく、耳の奥が詰まった感じがして、時々痛んでいるとのこと。幼児の中耳炎はわかりにくいとのことだが、以前から鼻ズルズルだったのに親の私が気づいてあげれていなかったことには、大変ショックを受け、子どもに深く謝りたい気持ちになりました。
幼児の耳の治療は大変です。治療は先生、私と看護婦さん2人で楓の体を押さえていました。ここの先生はとっても素早く治療してくださって、とても的確な説明をされるので、うれしいです。素早い治療とはいえ子どもにとってはとても苦痛なので、今までにあまりないほどの大声で泣き叫びながら、治療を受けました。治療が終わった後はけろっとしていますが、次の日にまた治療に来ると、診察室に入るなり、思い出して、大泣きになります。
まず、治療の前に、たまっていた耳の中の耳あかを取り出したのですが、恐ろしいほどの量がとれました。正直私はぞっとしました。ものすごい量の耳あかが耳の中にたまっていたのを、ママの私が取ってあげていなかったこと、またそこまで取るには専門的にやらないといけないとしても、それを気づいてあげていなかったこと。本当に楓に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
幸いにも、治療を始めて5日たった今はだいぶよくなってきました。
皆さんも、上の症状が出てるのなら、一度耳鼻科に行ってみてください。耳あかを取るだけでもいいと思います。
もう少し治療は続きますが、もっときちんと子どもを観察して、自分も勉強しなくては、と思いました。
ぽぽ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この記事にコメントありがとう

残念ながら公開じゃないので他の方は見られませんが、コメントありがとうございました。で、でも…ハンドルネームと、文面からどの方か特定できませんでした…。すみませんが、何かヒントとなるような文章を入れてもらえますでしょうか?よろしくお願いします!

ぽぽ | URL | 2007年05月25日(Fri)10:38 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。