さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日保育の次の日の朝の法則

今朝、朝食の時、途中で、
「だっこ~」
といって、私の膝の上で食事をしました。

出掛ける支度をしている時も、なかなか着替えません。
私が着せるのですが、ソファや床にしがみついて、着替えさせることができません。

自転車に乗ろうとしません。
乗ると時々歌を歌って、気分もよくなりますが、保育園に着くと最悪の状態になります。

まず、保育園の外でじっと固まって、中に入りません。
ようやく入ったとしても、靴を脱ぎません。

靴を脱がせ、私が、保育室に入って「おはようございます」と言っても、
楓は廊下でじっとして動きません。
しかも開いたドア(引き戸)を閉めます。

後から来たお友だちはさっさと、保育室に入っても、楓は中に入りません。
さらに友だちが開けて入った後、楓はドアマンのように、閉めてしまいます。

しばらくすると、廊下で寝ころんでしまいます。
うつむきでさなぎのようになります。

「だっこしてあげるから、はいろっか?」
と誘っても入りません。


…こんな具合です。




ようやく入っても、自分の荷物ロッカーの前で、動かず、お友だちをじろじろ見ながら、中に入ろうとはしません。

こんな感じですから、私が帰ろうとすると大変なことになります。

まず、足を持って離れません。
先生が来ても離れません。

そして大泣き。



いつもは
「ばいば~い」と手を振って、ハイタッチをしますが、

やっぱりさみしいのかな~

休日保育の次の日の朝は、甘えたさんになります。

ぽぽ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。