さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもが真剣にテレビを見るということ







私の娘は、テレビ大好き。
目が悪くなるのでは、と毎日心配していますが、
ある日、テレビを見る娘を観察しました。

iphoneで写真を撮り観察。。。

う~~~ん。とても楽しんでる。
娘の表情がおもしろすぎる。


と、自分が楽しんでいてはダメでした。。。

ようするに、

テレビは、1方向しかの刺激がないので、よくないといわれます。
なの私は、テレビを見た内容について、会話をするようにしています。

まだ7歳なので、
「○○の○○がね~、こういったからこうなって~」
といきさつを楽しく話してくれます。

とってもおもしろい!

しかも先週の内容まで入っているときがあるので、
「それって、先週のお話じゃないの?」
と聞くと、
「そうやで~♪」
と気にしないで、続けてどんどんしゃべり続けます。

子どものテレビを心配しているというよりは、
子どものおしゃべりを楽しんでいる私でした。


スポンサーサイト

お弁当日記 ボーイスカウト☆




今日は、BP祭といって、ボーイスカウトの創始者ロバート・ベーデン- パウエルさんの誕生日を祝う日でした。

お弁当を持って、ほかの団のメンバーといっしょになり、1日を過ごしました。

娘っちがスカウトに入って、1年あまり。

毎月2回ほどの集まりや、夏のキャンプなど、
目に見えて、「うわ~~すごく成長した!」
と思うようなことはないですが、
内面がやっぱり強くなったような気がします。

スカウトには、年齢別にグループがあり、今はビーバーで、
活動自体はお遊びみたいですが、
その上のカブ、またその上のボーイになると、
生きていく上で必要な人間としての能力を身につける訓練が
始まります。

ようやくそれくらいになったら、たくましくなるんだろうなあ
と緩やかな気持ちで、構えておこうかと思います。


それにしても、今の団員数は少ないです。
私が幼少の頃は、まちなかで、ボーイスカウトの活動をしている風景が見ることができたのに。

今はお稽古事とかで忙しい子どもが増えているんだろうなあ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。