さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「変革するワーママたち」

このタイトルは今月のアエラ最新号です。

アエラ表紙

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16313


また、共働きで働く女性の特集かと思っていたら、
別の角度からの記事もあり、読みました。

------------------
仕事と子育て「両立」しないとダメですか
だから、私は会社を辞めました/
「両立管理職」のプレッシャー/
夫婦で「イライラ」がとまらない
------------------

あえて、子育てと仕事の両立をやめた記事がありました。

この内容に納得することが大いにありました。

両立しているワーママでも、結構キリキリ舞いしているということ。
そのせいで夫にイライラがうつり、
夫のイライラもうつってしまう。

家の中も、分単位の生活を過ごしていて、常に緊張状態!
仕事だけなら耐えれるけど、プライベートの家は
せめてゆったりと過ごしたい。。。

でも子育てと仕事を両立しているワーママで
家の中でゆったりと過ごしている人はどれくらいいるのだろうか。。。

ワーママこそ、職場では効率重視を努力している。
家の中でも効率を持ち込むと、息が詰まりそう。

上手にオンオフできる人はいいのです。
私はできない。仕事に結果が求められる内容だからこそ
家の中では充電、リセットが必要だったんです。

土日にまとめて家事をできるならいいのだけど、
子どもがいるとそうはいかない。
たまった洗濯物や散らかった部屋と1週間過ごすのは
心理的に悪いです。
(一人暮らしなら我慢できるかも(*^_^*))

ワーママ特集もようやく現実に近くなりました。
仕事と子育ての両立は全員できることではない。
得手不得手もあるし、仕事の種類にもよる。
夫などの家族の協力があるなしも関わってくる。
↑これ大きく違ってきますね。

女性の社会進出をうたっていますが、
一筋縄ではいかないことを知ってください。


それで、考え始めているのが、
女性の建築士が、子育て中どんな働き方ができるかです。

子どもがいない前は、徹夜もざら。
明日までに現場の変更の図面書き、確認、調整、見積書依頼、
とりまとめ、、、こんなんを夜中にやってました。
だって現場は動いているので、次の日かその次の日には、
その回答を出して、指示を出さないといけないのです。

これでは、小さい子どもの世話と両立はできない。

そこで今考えているのが、
女性の家事の経験、子育ての経験を十二分に発揮できる仕事。

子育て中はこれに集中して、子どもが大きくなったら、
また従来の仕事に戻ればいい。

建築の仕事は、ブランクがあると非常に厳しい。
それを補うためにもある。

早く事業化したい。


スポンサーサイト

鉄棒に夢中になるのはいいけど・・・

最近学校で、鉄棒遊びをするのが好きみたいで。

さらにその鉄棒で、スカートを使って「ブランコ」というワザをするのが好きみたいで。

そのおかげで、スカートの脇が切り裂かれているんですけど。



直しても直しても、また切り裂かれるんです。

鉄棒遊びに夢中になるのはわかります。
私もとても大好きでした。

でも制服のスカートが毎日っていうほど、ほつれるのはいかがなものかと思います。

娘の気になる本のタイトル





毎週図書の時間で、娘が借りてくる本が気になる。

先週は、「郵便局のひみつ」というのを借りてきた。
かなり面白かったので、また勉強にもなるので、
「また借りてきて〜」
というと、
「連続で借りられへんから、今度は、同じひみつシリーズをかりてくるわ」
と返事した。

その結果、借りてきたのは、

仏教のひみつ。




奥が深い。いや、深すぎる。

娘はこんなのに興味があるのかと思うと、
親として、ちょっとうれしかった。



さて、仏教も私は読みたかったけど、全部読めなかったので、
次の週は、また別のひみつシリーズを
借りてきてくれた。


タイトルは、、、






地デジのひみつ。






内容が大人でも難しい!!


娘は将来、大物になれる???

「継続は力なり」

2学期がはじまりました。

先日、ママ友が集まった時に、
「○○君は、夏休みの毎日、絵日記書いてたんだって!」
とのこと。


すごい。

小学生で、44日間、毎日絵日記の継続。

娘にも勧めたいが、
大人の私でさえ、毎日ブログ更新はできていない。

これは、自分が何かを継続していくのはどうか?
と、神様からたずねられているようだ。

好きなイラストで、つまり絵日記で、
継続してみようか????


はてなマークでごまかしたが、本気を出さないと。


美容院でいろいろ注文をつけました

まだまだ暑い日が続きます。

早く秋が来てほしいといわんばかりに、
髪が伸びて、切りたくなってきました。

そう思ったら早い。
隙間時間を見つけてすぐ予約。
で、早速カットしてもらった。

あれこれ「こんな感じに・・・」
と注文するが、なかなか決まらない。

パーマをするにしても、切りながら決めようということに。


そして、最後、全ての行程が終わって、
シルエットの確認で、後ろが見えるように、合わせ鏡で確認すると。。。


襟足の髪の長さについて、スタイリストの方と話していたら、

「やっぱり切って下さい」

と襟足の所を切ってもらうことにしました。


はじめの相談の時には、
絶対襟足は残しておいた方が今の自分には似合う
と思ったのですが、

合わせ鏡で見て、襟足の髪の毛を出したり隠したりしていると、
切った方がかわいいと思ったのだ。



つくづく切る前のイメージはわからないモノだ、と改めて思う。


住宅設計も同じ。

クライアントの方に、
「こうですよ~」
と図面を見せるだけでは、『絶対に』イメージ沸かない。

やはり、イメージ写真、イラスト、パース、模型・・・
あらゆる手段を用いて、イメージできるようにしないといけない。

頼まれた時に
「デザインお任せ」
状態なら、いいですが。

やはり、こうしたい!と強く思っておられるクライアントさんには、
伝える手段を駆使して、
同じイメージを共感したい。

それがものづくりの醍醐味だから。



五月病?

今週の月曜日の朝、娘を起こしに行くと、
「おなか痛い。。。」
「しんどい。。。」

無理に行かせたら行けそうだったけど、
本当に?!痛そうだったので、小児科に念のため行きました。

少しのどが赤くなっているとのこと。

最近の寒暖の差が激しいということで、ちょっぴり疲れが出たみたい。

休むことを学校に伝えたら、なんだか娘の顔がすっきりしていた。

ちょっと五月病かも。と私の感。

でも本当にのどが赤かったら、本当にしんどいのでしょうね。

母のホンネとしては、少々しんどくても、学校が行きたくて行きたくて
無理してでも行きたい!と思ってくれればと。

そんなに都合のいいことにはならないようで、
子どももしんどい時は何事にもやる気がないようです。


一時的なことならいいのですが。
ちょっと心配。
心配しすぎるのもいけないのか。

娘の心の奥の奥の奥の声を聞くようにしてみよう。

何か手がかりが見つかるかも。

子どもが真剣にテレビを見るということ







私の娘は、テレビ大好き。
目が悪くなるのでは、と毎日心配していますが、
ある日、テレビを見る娘を観察しました。

iphoneで写真を撮り観察。。。

う~~~ん。とても楽しんでる。
娘の表情がおもしろすぎる。


と、自分が楽しんでいてはダメでした。。。

ようするに、

テレビは、1方向しかの刺激がないので、よくないといわれます。
なの私は、テレビを見た内容について、会話をするようにしています。

まだ7歳なので、
「○○の○○がね~、こういったからこうなって~」
といきさつを楽しく話してくれます。

とってもおもしろい!

しかも先週の内容まで入っているときがあるので、
「それって、先週のお話じゃないの?」
と聞くと、
「そうやで~♪」
と気にしないで、続けてどんどんしゃべり続けます。

子どものテレビを心配しているというよりは、
子どものおしゃべりを楽しんでいる私でした。


阪神淡路大震災から18年

昨日から今日にかけて、18年前の映像が出てきています。

あれから18年もたちました。

当時私は24歳(ぐらい)。
まだ社会人ではなく、大学院生でした。
すでに建築設計、農村計画等を勉強していた私にとっては、衝撃的でした。

「これからまちはどうなるのか????」

自分が願っているように、自分はなるもんだ、と改めて感じました。

神戸の設計事務所で、震災復興に関わる仕事を数年携わりました。

「前よりよくなったのかな」

と自問自答する毎日です。
そして今もです。

昨日より今日
今日より明日
住まいがよりよくなるよう
邁進していきたいです。

黙祷。

「継続すること」「続けること」の大切さ

2012年もあと少しになりました。
1年はアッという間ですね。
年齢を重ねると、1年の間隔も短く感じます。

さて、今日のタイトルは「継続することの大切さ」です。
そんなんあたりまえ~~~、と今さらですが、
最近その大切さを実体験しています。

普段肩こりや腰痛に悩んでいる私は、週に1度~2度プールに通っています。
怪我をした右膝のためにも、ジョギングよりはリスクは少ないし、
費用対効果が、ジョギング等よりも上です。

それでも数ヶ月前までは「面倒!」と思っていることがありました。
しかしながら、最近その効果を体験し、プールに行くことが快感になりました。

私は、平泳ぎは得意ですが、クロールは苦手です。
肩こり的には、クロールが一番らしいのですが、
私はその息継ぎが苦手。

クロールの代わりに、下手だけど、大好きな背泳ぎをします。
あくまで下手なんですが、息継ぎが自由にできるし、天井を仰いで泳ぐと
気持ちがスッキリします。
またクロールと同じ肩まわりを回すので肩こり解消によいです。

以前は、背泳ぎは全然進まなかったのに、
先週からスイスイ進むようになったのです。
また、背泳ぎの持久力も高くなっていました。

今までの我慢が報われたのでしょうか。
自分のちょっとした成長に喜んでいます。

少しずつ続けていると伸びるんだ、と実感して、素直に喜んでいます。

こんなご時世、何をやってもうまくいかないことが多いですが、
小さなことを毎日続けることが、大きいことにつながっていく、
それを信じて自分のめざしたいことを少しずつ続けていこうと
思いました。

来年の目標は、これを具体的にしていきたい!

皆さんも、小さなことをコツコツやってみませんか?
できれば共有できる知人がいれば幸いです。

バージョンアップしないと暮らせない?!-2

連続物の記事になりました。


半月前から、iphoneの
正式には、i-tuneのバージョンアップをして欲しい
という表示が出ていました。
それを無視していたら、先日、突然、電話が使えなくなりました。

「未接続」

外出中のことで、はじめは何のことかと思っていました。

メールが届かない。
電話ができない。

慌てて、バージョンアップしてなかったからか!
と思い、外出中に試そうとしましたが、
「未接続」のため、できませんでした。

帰宅してすぐPCにつないで、バージョンアップ。

すると、iphoneは使えるようになりました。


今回のバージョンアップは、メジャーだったらしく
画面やツールも大幅に変更されていました。

でも、でも、
バージョンアップしてなかっただけで、
電話がつながらないということに
ショックを受けました。

確かにiphoneは、電話ではなく、PCと同じだけど
電話が使えなくなるというのは、感覚的に、
あり得ないと思っていたからでした。

この世の中、バージョンアップしないと
使えないモノがどんどん増えてきています。

そのうち暮らせなくなったらどうしよう。

住宅設計をする立場からいうと、
期間が早すぎです。

もう少し長期的スパンにならないと、
住宅の○○の部分は、20年
△の部分は、50年
機械の□の部分は、5年

というふうに、メンテナンス期間が、
今よりもっと複雑になりそうです。


エコ活動はいいのですが
長期間使える、そういうモノを
つくりたいですね。



バージョンアップしないと暮らせない?!-1

最近、機器類で「バージョンアップしないと使えない」というモノが
多すぎる。

先日、家のプリンターが壊れました。
インクを買って交換しましたが、反応せず、カスタマーセンターに連絡。

「その症状は部品が壊れています。残念ながらこの機種は、
廃盤になって5年以上たっていますので、部品の在庫はありません。」

え?!
PC周辺機器はそういうもの?
家電やさんに聞いてもそうらしい。

ソニーのウオークマンがどんどん買い換えしていくという話は
知っていたが、自分の周りにある高度な機械は、長期間、使えなくなっている。

古い扇風機を長期間使っていて、自然発火した問題も、新しくはないが、
そんなに使えないものかと痛感しました。

結局、新しい機種に買い換えました。
消耗品と思って、いろんな機能は付いていなくて、
自分が使う機能が付いているプリンターを選びました。

このプリンターも5、6年で使えなくなるのかと思うと
切なくなりました。

使えなくなったのはいいですが、
「機械ものは、消耗品」
という、考えが定着していることが、
モノを大事にしたいという気持ちがなくなっていくのではないか
と危惧します。

私より大人の人はいいですが、
今の子どもたちはどうなるのか?

すぐ使えなくなるモノを大切に使うことができるだろうか?

家の中では、できるだけ長持ちして欲しいモノをそろえたい
と、改めて強く思い直すいい機会でした。

つづく・・・・



小学生になりました

卒園式、入学式をだだだ~~~~と過ごしていたら、
ブログの更新をすっかりおろそかにしてしまいました。

小学校生活順調です。
毎日が楽しそうです。

そして夜になると・・・
お風呂の中でチカラつきて、体拭き、着替え、髪の毛を乾かし、
ちょっと起こして茶を飲まし・・・
お姫様だっこして、ベッドへ運ぶ毎日。

結構、体力いります。
でも、学校で一生懸命がんばっているもんね。

昨日は、家庭訪問でした。
「お子さん、よく頑張ってますよ(*^_^*)」
と、言われて、本当にうれしかった。
そして、
「よく頑張ってるね、とお子さんに言ってくださいね。」
とも言われました。

親子共々、毎日が新しいことばかりで、
あたふたしていますが、毎日が新鮮です。

こんな毎日、人生一度きりです。
大変かもしれないけど、この大変さを
十分楽しみたいと思います。


おいしいスイーツ  20年ぶりの再開

先日、中・高とも同じだった同級生に会いました。

卒業して以来なので、20年ぶり?!

同じ建築業界にいることもあり、話はお互いしゃべりっぱなし。

時間がなかったのですが、楽しいひとときでした。

その時に、そのA君からもらったおみやげ。

「最上川あわゆき」


すごく美味しかった===(^o^)/

名前通り、雪みたいな食感。

お取り寄せしてもいいくらいオススメスイーツです。

A君は、結婚して山形に行きました。

今はあまり会えないけど、FBでは、会話できるので、
すごい世の中になりましたね。

長野リンゴ、丸かじりo(^▽^)o



いまやって見たいこと

今年ももう12月。
できたこと、できなかったこと、
いろいろありますが人生を楽しむために
今、やってみたいこと、やり続けたいことを
箇条書きにします。

ヨガ
ピアノ
マラソン
バスケットボール
鍵編み
ミシンで服や小物を作る
一眼レフで写真をとって写真展する
パン作り
創作料理
ベランダガーデン
囲碁


続く。。。

久々に車の運転~キャンプへのあこがれれれれれ

先日、保育園のイベントで、どうしても2tトラックを運転できる人を捜し出さないと行けない状態になり、直前に、パパにお願いしたけれど、どの後、用事があるので、搬出するとき、

な、なんと、1年ぶりに運転をしました~~~~(^_-)

もちろん2tトラックは初めて。
でもなんだか行けそうな気分。
※実際アブなさそうな場面があったけど、何とかクリア。


その後運転になれているお父さんが出てきて頼みましたが、
運転して、楽しかった~~~(*^_^*)

なんだかどんどん運転したくなってしまいました。


が、一つ問題が。。。。

まつり途中、350mlのかる~いビールを飲んでいたのです!
運転している頃はすっかりさめていたと思っているのですが。。。。
定かではない。

ま~、事故もなくすんでよかった。
そして、運転は、まめにしたいなあとおもいました。

大阪来てから、車無しで、レンタルで過ごしていたものね~。


ついでに中型バイクも乗りたくなりましたわ~
※ススキジェベル200に乗ってました。
※神戸時代は、カリブ四駆でした。

あ~そんな車に乗ってキャンプに行きたくなってきたわ




けなげな・・・




ここは、事務所のある建物の駐輪場。
土が湿っていて、別に変わり映えもしない。


だ・け・ど!

よ~く見ると
可憐な花が咲いている!




もちろん、誰かが植えたものではなく、
土の中に眠っていた種が、自分の力で
大きく伸び上がってきたのでしょう。

それにしても美しい。。。

この場所が、急にとてもすごいところに見えてきました。

語らずにはいられない「内閣不信任決議」

先日から今朝にかけて、ニュースで報道されていますので、内容は既にご存じだと思いますが、
本日(6/3)の朝日新聞朝刊の「耕論」の高村薫さんの文章を紹介したく、
ブログに書きました。

-----------
(前略)
だって、「菅政権を倒したら、こんな体制で、こう政治を変える」というビジョンも、
希望が持てるような復興策の代案も、示せていないのですから。
 それ以前に、いまの原発事故を招いたのは、自民党時代にすすめたエネルギー政策が
基礎にあります。その政策の検証も猛省もしないで、菅政権を責め立てる資格があるでしょうか。
批判するだけなら誰でもできます。
(後略)
-----------

そうなんです。いまの人災は、今までの政権にも、責任があるんです。

そろそろ、自分個人個人で考えることが必要です。





「可能性は信じるもの」

-[ひなみ 2011 2月号]より

双子座流星群を観察

「流星群 見えない理由は ココロかな・・・」





明け方がよく見えるとニュースで言っていましたけど
22時頃、ベランダで眺めた。

見えたのは、オリオン座のみ。


大阪のど真ん中だからかもしれませんが、
自然を感じることができないのは、ちょっと寂しいです。

「地植え」で生きる

先日お友達と人生について、生き方について、お話ししていた時に
出てきた言葉。

なんか響きがイイ。

「プランターより地植えで、生きていたい」

と、お友達は言いました。

「地植えか・・・」

私に置き換えて考えたものの、すぐピンと来なかった。

「生きている環境は、自分に関係なく、変わっていくけど
私は地植えのような気持ちで生きたい」
と続けてお友達は言いました。


なんかイイ。

いろいろ考えていたら、何となくわかってきたような。

「そうか~、こういうことかもしれないなぁ。。。」


その内容はヒミツです。
また受け止め方が変わるかもしれません。


皆さんは、どう感じますか?


高橋大輔と同じ

フィギアスケートの高橋大輔がケガから復帰しました。

ケガは私と同じ、右ヒザの前十時靱帯とはんげつばん損傷。

スケーターでこのケガをすると、復帰をした人はいないようです。

それでも彼は復帰しました。
そのリハビリはものすごかったようです
(先日テレビで見ましたが、もんぜつものです)

私はもう普通に歩けますが、まだ完全に治っていません。
一生、正座ができません
と言われてしまいました。

でも、高橋くんのような努力をすると
治るかもしれないと言われました。



プロ意識の高い人でも、挫折するリハビリ。
それを私がするのか????

ふと、頭の中で、映画「ロッキー」のテーマソングが流れましたが(笑)。


できるかどうか。。。

持病の肩こりも克服できないのに、
難しい話です。

先日、2回ほど自転車に乗りましたが、

コワイコワイ。。。

点字ブロックを見ると、ケガしたときがよみがえります。
トラウマです。

自転車があるととても便利ですが
当分は歩きオンリーで、スカート生活を楽しむ方が
気分的に楽です。

じゃすと みーと!!!


えっっ??
私たちのコト?
20091122143606.jpg


電車内の広告デシタ。

何が何でもマッサージに行く!!!!

月2回ほどカイロプラクティックに行ってますが、それではおっつかない体になってしまいました。

今日は何が何でもマッサージに行くぞ!!!!!

肩胛骨(けんこうこつ)がガチガチ!!!!!!!!

若いときは甘く見ていたが、
今はこのままだと仕事が進まない(涙)

1.17

本当は昨日書くべきだったけど・・・




あれから14年。

その当時私は関東の某大学の院生で、修士設計の真っ最中でした。

前の晩遅くまで大学にこもり、作業をしていました。

朝7時頃、豊田市にいる幼なじみの友人から電話がありました。

「神戸が大変なことになってるで。テレビ見てみ!」

テレビをつけると、何が何だかわかりませんでした。

三ノ宮の生田神社の鳥居が全壊しているシーンを見て、

ようやく現実を理解できるようになった。



灘区にある実家に電話をしたがつながらず、

私は締切間近(1週間後の提出だったと思う)の設計作業をしなければなりませんでしたが、

連絡がとれるまで家にいました。

お昼ごろ公衆電話から電話がありました。妹でした。

一応無事を確認し、すごい行列やからということで20秒しか話すことはできませんでした。。。




一旦東京で就職をしたものの、その1年後、神戸に戻ってきました。

それから、いろいろ探し回り、神戸のある設計・都市計画コンサルタント事務所に就職。

復興のお仕事をたくさんしてきました。

今の仕事はそれにつながっています。



今は大阪で、地震自体は体験していないものの、私にとっては1.17は人生を変えるものでした。



台湾にいる友だちも台湾地震を経験し、何度か会いました。

お互い共通の気持ちを確認しました。




この1週間、阪神淡路大震災のニュースがよく流されています。

この日を忘れず、今後も頑張っていこうと思います。

ママ、こわい

とうとう、言われてしまいました。

それは、先日の日曜日のこと。
この日は、保育園でもうすぐ使うパジャマとかを買いに行こうとしていたときのこと。

「今日お昼食べたら、パジャマとかを買いに、おかいもん行くよ!」
と楓に言うと
「おかいもん行きたくない。Hさんとこに行きたい。Hさんとこに行きたい。」
と、ファミサポさんのところに行きたいと言い始めた。
それも何回も。

「え~、なんで~」ときくと
「ママ、こわい」

「Hさんは、やさしいの?」
「うん」
とズバリ。

「Hさんとこ行く~。Hさんとこ行く~。」

悲しさを通り越して、こんなに自分を主張していることに感動した。
だって、好きな人に会いたい!なんて、とってもすてきなこと!
自分の場合でも会いたい人がいれば、電話して「今日暇~?」とか言って
呼び出してお茶したりすることを、
わずか2年半の女の子が、人に会いたいと言うなんて・・・。

せっかくなので、必要なものを買ったあと、ファミサポのHさんに電話して、
家の近所でお茶しました。
楓も楽しそうにしてましたが、実は私も楽しかった~♪

この日は楓のおかげで楽しくて充実した日が送れました。

ぽぽ


くすぶっていました

2月からついさっきまで、仕事で大変くすぶっていました。
お弁当日記もアップできず、たまっています。

少し時間があればできるのですが、そういう時間もできれば睡眠に、
もしくは家のことをしたいと思いながら。

どんな状態でも家のことをするって、とても大変。
でもそれをしないと、家族の心も乱れてしまうと思っているので、
絶対それははずせないと、しんどくても、自分なりにがんばってます。

一般に「家を守る」「家族を守る」とか結婚式で言われるけど、
具体的にどうすることか、以前は想像できなかった。

「家族のために働いて、お金を稼ぐ」ということはわかりやすい。

でもそれ以外にいっぱいある。

実際に、家事、子育て、仕事をやっていく中で、
見えてきたと思う。

毎日毎日、それをすることはとても小さく、簡単なことでも、
それをしないとだんだん空気も乱れていく。

たとえば、本1冊を出しっぱなしにしないで、本棚に直すこと。
たとえば、枯れかけの花に、お水をやること。
たとえば、家に帰ってきたら、靴をそろえること。
たとえば、トイレットペーパーがなくなりそうになったら、新しいのを横に準備すること。
たとえば、自分で脱いだ靴下は、2足をまとめて、洗濯籠に入れること。
たとえば、ご飯を食べた後に、自分の食器は流しに入れて、水をつけること。
たとえば、お風呂の石鹸がなくなってきたら、新しいのを出して、ストックがなくなりそうになったら、買っておくこと。
たとえば、、、


あげだしたらきりがない。

家のことをするのって大変だよね。

ぽぽ

あけましておめでとうございます

ただいま2008年1月1日、1時45分でございます。

ちょっと仕事の雑用で、皆が寝静まった夜中に作業中です。。。

今年もこういう形で家で残業もあるだろうなあ。

でも、体を無理せず、というのも気をつけて。


では、本年もよろしくお願いします。



ぽぽ

gapコンテスト 結果発表!!!

11月20日締切のGAPモデルコンテストの結果を、先日心斎橋店舗まで、見に行きました。

結果はっっっっっ


らくせ~ん!



ま~あまり期待はしていなかったので、がっくりはしていないのだが。

でも当選したお子様を見ると、みな目がくりくりで大きい。
やはり、モデル顔である。

しかも、何だか、ハーフみたいな子も多い。

そうなると、うちの楓はますます条件から遠ざかる。
顔は、もろ日本人顔。(だって私の娘だもんね)
チャームポイントとして、「手と足がデカイ」
と外人風に語ってみたが、無駄でした。

赤ちゃん本舗のコンテストだったら、もう少し可能性ありかもね~。



余談ですが、
私が学生の時、バルセロナオリンピックで聖火を持って走る人募集に応募したことがある。
書類審査に通り、東京で面接が決まったが、ちょうどその日が、大学院に進むために
その大学の教授に会う日と重なってしまったことがあった。

何を思ってか、私は教授をとってしまった。


今から思うと、聖火ランナーをとっておけばよかったと、大変後悔している。。。

ぽぽ

身体が資本

8月はお盆休みがないほど忙しく、体調を崩した。
最近も何だか優れない。今回は気持ちも。5月病と同じく11月病があるものなら、きっとその病にかかっていると思う。
いろんなものにもたれたくなるし、横になりたくなる。
プチリフレッシュするために、足ツボマッサージでも行こうかな。
なんて、思えるのはいいほう。

とってもぶるー、ぱわふるぶるー、おにのようにぶるー

ですが、子どものため、家族のためにも、プチリフレッシュしようと
思います。

ぽぽ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。