さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住まいの疑問「巾木ってなに?」 ~掃除が面倒だし、何のためにあるの?~

EEIE かんがえる暮らし で連載している「くらしのしお」が更新されました。

EEIE>PICEUP>くらしのしお

住まいの疑問「巾木ってなに?」 ~掃除が面倒だし、何のためにあるの?~
http://www.eeie.me/pickup/bitmore/no009/

今回は、私の友人が、くらしの中で、ふとわいた疑問を投げかけたことから、
テーマになりました。

スポンサーサイト

EEIE連載中 くらしのしお 「住まいの温湿度環境~住まいも体も気持ちも元気に~」  アップされました!

EEIE連載中 くらしのしお 
「住まいの温湿度環境~住まいも体も気持ちも元気に~」  
アップされました!
http://www.eeie.me/pickup/bitmore/no008/

------------
今回のテーマは、「住まいの温湿度環境」です。
「温度・湿度」は、住宅設計において、人の導線と同様に、とても大切な要素です。
これを熟知することは、家族の健康を守るといっても過言ではありません。

「"わら土手バネ椅子"再生ワークショップ」レポート 自分でレストア(再生)することのしあわせ(後編)

「"わら土手バネ椅子"再生ワークショップ」レポート 自分でレストア(再生)することのしあわせ(後編)
がアップされました。

EEIE PICKUP「くらしのしお」
http://www.eeie.me/pickup/bitmore/no007/


今回は前回に引き続き、椅子のレストアのレポートです。
初めて本格的な椅子をつくった感動は、忘れられません!

自分で手にかけたものは、愛情がわいてきますね。

「"わら土手バネ椅子"再生ワークショップ」レポート  自分でレストア(再生)することのしあわせ

ええ家「EEIE」~「くらしのしお」
更新されました!

「"わら土手バネ椅子"再生ワークショップ」レポート
 自分でレストア(再生)することのしあわせ

http://www.eeie.me/pickup/bitmore/no006/

今回は、船場で開催されている、ビル博覧会と関連した内容です。
facebookページ
古ビル再生博覧会@OSKビル

~11月4日までですので、時間のある方ぜひ、できあがった椅子を見に来てください!

EEIE連載中 くらしのしお 「空間イメージを伝えるチカラ  アップされました!

ええ家【EEIE】で連載しています「くらしのしお」が更新されました。

今回は
空間イメージを伝えるチカラ
<イラストで思いや考え方を共有>

です。

日頃からデザイン提案をする際、手書きイラストで
そのイメージを伝えます。

また、まちづくり冊子やまち歩きマップ、まち歩きレポートに
イラストによるプレゼンをすると、ぐんと読み手に響きます。

ぜひ読んでください♪

eeie連載中 くらしのしお 「センタクモノ」を考えよう!  アップされました!

EEIEの「くらしのしお」連載の新しい記事がアップされました。


「センタクモノ」を考えよう!
<家事の3Sのひとつ「洗濯物」>


我が家の洗濯物の循環が一目で分かります(^o^)

ほかの家ではどんな工夫がされているか、
聞いてみたいですね~

eeie連載中 第2回「タオルの旅」アップされました。

eeie連載も早くも第2回になりました。
今回のテーマは「タオル」

暮らしの中のタオルって、家庭ごとに様々。
でもタオルを追っていくと、その家の暮らしぶりがとても分かるんです。

「第2回タオルの旅」


タオルの旅

「EEIE~ええ家」連載が始まりました

「EEIE~ええ家」快適なくらし方の提案サイトの中の
PICKUPのページで「くらしのしお」として
私の連載が始まりました。

【くらしのしお】
http://www.eeie.me/pickup/bitmore/

「EEIE~ええ家」

このサイトはエルマガジンと連携して、快適な暮らし方を提案するページです。
その中で、「EEIEフレンズ」のメンバーの一人として、
暮らしの中のちょっとした手間(しお)をご紹介するコラムを書いていきます。

実体験も多いですが、仕事を通じて、暮らしが楽しくなるヒントを掲載していきたいと思っています。

ぜひ見てください(^o^)

TOTOの水まわり基礎講座に参加しました

5月30日、大阪本町のTOTOテクニカルセンターにて、水まわり基礎講座に参加しました。

基礎講座といっても、衛生器具全体の構造まで幅広い内容。
設備なんか設備会社の人に任せたら・・・と思っていたら
大間違い!

水栓ひとつとっても、クライアントが日々使うものなので、
建築士のきちんとした選別が必要!

まずクライアントがどんな暮らしを要求しているのか?
それにはどんな機種が適切なのか?
コストパフォーマンスは?
周辺環境と機種とのバランスは(水圧など)?
メンテナンスは?
 ・
 ・

などなど、考慮する項目はいっぱい!

講座のあとは、最新機種などを見学。

オート水栓(手をかざすと水が出てくるもの)でも、
震災以降、自動発電するモノが売れているようです。
電気が流れなくても、水が流れて、水栓内部に
小さな水車発電機が電気を作るのです!!!!

それを小さな蓄電池に溜めます。

停電になった時を考慮して作られました。



水栓ひとつとっても、一晩では語り尽くせぬこと。

水栓、衛生器具選びは、建築家さんにきちんと相談して、
使い方、暮らし方をはっきりさせて、選択することが
大事です。

改めてそう思う講座でした。


TOTO公式ホームページ
http://www.toto.co.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。