さんぽ日和~くらしと仕事と子育てと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくり落ち着いた時間をもっと取りたい

4月14日に始まった熊本地震はまだ、余震が続いています。

建築士として、ゴールデンウィークに視察に行きました。
帰ってきて、写真を整理したり、資料を整理したり・・・

それよりも、思った以上に自分の体が疲れていました。

「被災地のみなさんは、もっと大変なのに・・・」

と思うと、余計に自分が疲れていることを見過ごすことになりました。

ゴールデンウィークは過ぎ、通常業務をしていますが、まだ引きずっているような気がします。

でも、自分が元気じゃないと、被災地支援もできないよ!!!
と思うことで、まずは自分の体の調子を整えたく、毎日を過ごしています。

今年は寒暖の差が激しく、普通の人でも体が悲鳴を上げています。
(私の通う、カイロプラクティックの先生曰く)

まずは体。
体を休めて細胞がいきいきしないと。

次に心。
子どものケアもありますが、自分の時間を取って精神的に落ち着かせたり、
睡眠を十分取ったり・・・

と思っています。
※でも、次々と仕事の予定が入っているので、思い描いたとおりには回復していませんが。


きっと私の同じような状況の方もおられると思います。
無理せず、自分が元気にいられる方法をとって、
そして、他の人にも、きちんと気を配れるように、願っています。

スポンサーサイト

あなたの「ルーティーン」は?



ルーティーン

2015年の流行語大賞に、五郎丸の「ルーティーン」がありました。

私は今までこのルーティーンを意識していなかったのですが、いろんな場面で、してきたなあと思い出しました。

中高の部活でやっていたバスケットボール。
まさしくルーティーンばかり。

フリースローに入るときは自分のルーティーンで。
時を追うことに変わっていくのですが、

「これをしたら、絶対入る!!!!」

という気持ちになりますよね。


さて、今はというとそのバスケもしていないし、運動は水泳とテニスとマラソン(ジョギング)。

やるといったらテニスのサーブの前のバウンド2回というくらいでしょうか?

いや、もっとあるかも、と思って深く考えたら、動作ではないのですが、
家事をする前のエプロンを着けるという動作でした。

お気に入りのエプロンをすると、家事がはかどるんです!!!!!

というか、家事をしていて楽しくなります!

これが、今の私のルーティーンかも!

あなたのルーティーンは何がありますか?

今探しているのは、こどもが勉強のやる気を出す、または
集中するようになるルーティーン(笑)

子どもを注意深く観察して、ちょうどいい言葉とタイミング(声かけ)を見つけ出したいと思っています。

本当は自分で見つけることがいいのですが・・・



「ありがとう!」のチカラ

久々の日記です。

子どもも大きくなって、日々の成長が見えなくなって、
書くモチベーションが下がって・・・というのは、言い訳ですよね~~~

先日うれしいことがあったので、書きます。

「あった」というと、間違いで
「いつもある」というのが正しい。

それは何かというと、
私が娘に何かをすると、
すぐ「ありがとう!」と言ってくれるのです!

あ~~~書いて、思い出すだけで涙が出てきました。

毎日の家事なんて、だれもありがとうっていってくれないし、
大人になって感謝されることも少なくなってきているので、
娘のこの一言は、本当に救われるし、うれしい。


先日私がお風呂に入っていて、
湯船で考え事していて、
何となく大きな声を出したくなりました。

いつもは歌など歌いますが、このときは思いっきり、
娘の名前をさけびました。

「○○ちゃ~~~~ん!」


すると、リビングから、

「は~~~あ~~~い!」

と娘の声が。

思わず、
「大好きだよう~~~~~~~!」

恥ずかし気もなく叫ぶと、


「ありがとう~~~~~~♥」


と返ってきました。


私は、うれしくて涙。
最近の悩みなんて、吹っ飛んでいきました。



「ありがとう」という言葉って不思議な力がありますよね。

さらにタイミングがばっちりだと、
涙もろい私なんかすぐ号泣してしまう。
次の瞬間から、力とやる気がわいてくる。



みなさんは、最近「ありがとう」と言われていますか?

言われていなかったら、自分から
「かりがとう!」と
言ってみよう!

簡単な言葉だけど、きっと大きな力がわいてきます!!!



「お弁当の日」の竹下和夫さんの講演会が浪速区民センターであります!



「お弁当の日」で有名な竹下氏の講演が浪速区民センターであります。

午前中に竹下先生の講演会。
午後にワールドカフェというワークショップ形式の情報交換会などもあります。

竹下さんの講演はなかなかありません。
しかもこんなに近くで。

竹下和夫さんの書いた本のいろいろ→こちら

私が所属する「家事塾」も協力団体に入っています。


この機会にぜひ聞きに行ってみてください!

チラシはこちら↓

150808お弁当の日チラシ表
150808お弁当の日チラシ表


150808お弁当の日チラシ裏
150808お弁当の日チラシ裏



自分のお金を貯金するのではなく、人に貯金をいっぱいする

朝日新聞の朝刊に
「みおつくし語りつくし」というコーナーがあり、
有名人が連載で紹介されています。

朝日新聞「みおつくし語りつくし」

2015年3月10日はタレントの森脇健次さんの24回目。
タイトルが、人に「貯金する」でした。

彼は一度人気者になって、そのあとあまりテレビに出なくなって
その後、再起することが書かれているのですが、
今はその再起する時期が書かれています。

その時期に師匠の若井はやとさんから
「自分の金を貯めるのではなく、人に貯金をいっぱいしろ」と言われたそうです。

かつての芸人の後輩から、テレビ番組に紹介してもらい、
呼んでもらえるようになった。
そのことを、意味しています。


私も、そんな考えで、今後の人生を歩みたいと思ったと同時に、
「あれ?子育てって、子どもにいっぱい貯金しているみたいだわ~~~~」
と、感じました。
だって、親は子どもにいろいろ世話を焼いて、一人前にする。
自立させる。
立派な貯金ですわ。

その子どもがステキな人生を歩いてくれたら、
貯金が倍増したと感じるのかなあ・・・

ザ・「小1の壁」

私がまさに経験した「小1の壁」・
日経DUALに掲載されました。

子どもの小学校入学で宿題、防犯、働き方に不安
「小1の壁」アンケート(上)経験者「宿題を見る時間が少ないことが大変だった」


不安度も、不安の内容も、全く同じでした。

7時まで預かってくれた保育園から、
遅くても6時にはお迎え(学童)が必要な小学生へ。

さらに、宿題や、明日の準備やら、家でのフォローが絶対必要に。

たまにの、夜の預かりなら、いいけど、事情がわかってくる小学生は、
夜の預かりが頻繁だと我慢ストレスがたまってきますよね。

実際、娘から、さみしい。。。というようなメッセージを受け取ったので、
私は働き方を変えました。

かなり、悩みましたが、私の中での優先順位は決まっていたので、
すんなり変わりました。

ですが、わかっていたものの、やはり悔しい思いがない、とは言い切れないのが
本当の気持ちです。

矛盾を抱えて過ごすのは自分にとって悪いのはわかっています。
なので、前向きに
「置かれた場所で咲きなさい」
と心の中で思いながら暮らしています。

限られた中で、できる範囲でがんばる。
それが今の私です。

「メリットの法則」行動分析学・実践編

「メリットの法則」行動分析学・実践編
という本を読みました。
メリットの法則

著者の奥田健次さんは
「叱りゼロで「自分からやる子」に育てる」などの本を書いている行動療法士です。
なので、子どもをどうしたらヤル気にさせるのか、とか
これをやめてほしいけど、どう言ったらいいのか、など、悩んだときに、
この本はお薦めだと思います。

自分も子どものために何か参考になれば、、、と思い、読みましたが、
あるわわるわ。なるほど!と、すぐ実践できるような論理です。

複雑な場面では、慣れるまでに訓練が必要かもしれませんが、
小学生の娘に、やる気を出して勉強してもらうようにするために、
早速実践!!!
長期戦なので、成果が出てるかどうかはわかりませんが、
叱らずに、言い方を考えて、
ちょっとずつやろうかな。。。という気持ちが出てきているようです。



あさイチで紹介された「マンホール女子」

まさかこのタイミングで紹介されるとは。。。

あさイチホームページ↓
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/01/07/01.html

約16年前、ようやくデジカメというモノを手に入れた私は、
早速、全国のマンホールを撮り続けていました!

今やその枚数は500枚を超えているはず!!

整理していないずぼらな私は今年こそそれらをアップしていきたいと
意気込んでいます!

公表しないとね~~(*^_^*)

ちなみに下の写真は,生駒市のマンホール。

基本的にはマンホールデザインは,その都市の名物や特徴を
デザインされているのですが、
この生駒市のデザインには衝撃を受けました!!!!

生駒市マンホール141227


この斬新なデザインは何だ!!!
まるで近未来を彷彿とさせるデザイン。
思い切りの良さもすばらしい。

いつかはマンホールデザインをしようと思っている私です。

「Today」の詩、ママたちほろり 翻訳され絵本に

朝日新聞より
「Today」の詩、ママたちほろり 翻訳され絵本に
http://digital.asahi.com/articles/ASGC27RYLGC2PTFC00K.html

娘はもうすぐ10歳だけど、
この詩を読んで、ほろほろきました。

子どもが小さいときだけじゃないと思う。
ちょっと大きくなっても、手がかかるときはかかる。

いっちょまえな口聞いてきて、
自分がどうしようもなくなるときもある。

自分の時間が少なくなって、
悲しくなるときもあるけど、
この詩を読んで、ほんわかしたい。


(追記に「今日」を掲載)

つづきを表示

たくさんいただいたさつまいもでスイートポテトを作りました

先日、お友だちのお宅で芋掘り大会があり、
たくさんのサツマイモをいただきました。

これがまた、たくさんすぎて、何をつくったらいいのか迷うほど。

フライドポテト、甘煮、ふかし芋、芋ご飯。

いろいろ試しましたが、まだ余っています。

で、つくってみたのがスイートポテト。

これがとてもおいしくて、サツマイモを結構消費するし、毎日のおやつにも食べてくれるので、
大変うれしいです。



焼く前の卵黄を塗るのを手伝ってくれました。





できあがったスイートポテト!おいしそう!


レシピは下記を参考にしました。

http://cookpad.com/recipe/2507142?utm_campaign=repimaga&utm_medium=melmaga&utm_source=cookpad

お弁当日記 たてわり遠足




たてわり遠足とは、1年生から6年生までの児童が同じ班になって
行動する遠足です。

服部緑地でオリエンテーリングをしました♪

天候にも恵まれ、逆にとても暑かったので、ばてばてだったそう。

この日のお弁当は、食べやすいようにおにぎりにしました。
知人に教えてもらった、一口サイズの塩むすびを海苔でくるむ
おにぎりはとっても食べやすくて、最近よくつくります。


さて、このお弁当をつくる直前に

「ジバニャンにしてほしい」

と言われました。

いや、材料の準備がいるんです。
心の準備も。

もう少し落ち着いているときにキャラ弁をつくってあげるので、
今回は勘弁してください。。。


おこづかい帳のつけ始め時期

もう1年以上前から、おこづかい帳は買っていました。

おこづかい帳
http://www.fujinnotomo.co.jp/book/kakeibo/#1170

私がこれならできると思って買い与えたのは2年生の時。
つけ方を教えましたが、全然続きませんでした。


そして今年、おこづかい制も定着し、こづかい帳も忘れずつけるようになりました。

この理由をいろいろ考えましたが、
やっぱり「計算力のアップ」が習慣になった原因の1つだと確信しました。

夏から秋にかけて、大きい数の計算、つまり1000から1万などの
お金でよく出てくる単位の計算をやり始めているのです。

そこで大きな数の計算を抵抗なくできるようになりました。

以前から筆算はやっていましたが、それだけではまだ計算することに対して
壁が大きすぎるようで、
お金の計算はまだ難しいようです。

公文や学研などで、大きい数の計算などになれているお子さんなら
早めに始めることができるのではないでしょうか?


「わが子はいつになったら、おこづかい帳をつけることができるのか???」
と大変心配していましたが、理由もわかり、納得しました。

何事もタイミングまで待つことが大切ですよね。



お弁当日記 雨で延期のため




今日は娘の運動会でしたが、台風が近づいていたため、延期になりました。
実施か中止か直前までわからない、悩ましい天気で、
朝は家族分のお弁当をつくるためにいつもより早起きしていました。

ちょうどお弁当のおかずが作り終わる頃、延期のメールがきました。

大量のおかずどうするのよ~~~~~。

というのが今日のオチで、
家族全員分の昼食になり、
パパにはほとんどお弁当を持たせたことがないので、
今日は出勤して仕事するそうなので、パパのお弁当を作りました。

お弁当箱はソフトバンクのお父さん弁当箱。

全部入れるとかなりの量になりますが、
パパにはちょうどいい量ですね。


「変革するワーママたち」

このタイトルは今月のアエラ最新号です。

アエラ表紙

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16313


また、共働きで働く女性の特集かと思っていたら、
別の角度からの記事もあり、読みました。

------------------
仕事と子育て「両立」しないとダメですか
だから、私は会社を辞めました/
「両立管理職」のプレッシャー/
夫婦で「イライラ」がとまらない
------------------

あえて、子育てと仕事の両立をやめた記事がありました。

この内容に納得することが大いにありました。

両立しているワーママでも、結構キリキリ舞いしているということ。
そのせいで夫にイライラがうつり、
夫のイライラもうつってしまう。

家の中も、分単位の生活を過ごしていて、常に緊張状態!
仕事だけなら耐えれるけど、プライベートの家は
せめてゆったりと過ごしたい。。。

でも子育てと仕事を両立しているワーママで
家の中でゆったりと過ごしている人はどれくらいいるのだろうか。。。

ワーママこそ、職場では効率重視を努力している。
家の中でも効率を持ち込むと、息が詰まりそう。

上手にオンオフできる人はいいのです。
私はできない。仕事に結果が求められる内容だからこそ
家の中では充電、リセットが必要だったんです。

土日にまとめて家事をできるならいいのだけど、
子どもがいるとそうはいかない。
たまった洗濯物や散らかった部屋と1週間過ごすのは
心理的に悪いです。
(一人暮らしなら我慢できるかも(*^_^*))

ワーママ特集もようやく現実に近くなりました。
仕事と子育ての両立は全員できることではない。
得手不得手もあるし、仕事の種類にもよる。
夫などの家族の協力があるなしも関わってくる。
↑これ大きく違ってきますね。

女性の社会進出をうたっていますが、
一筋縄ではいかないことを知ってください。


それで、考え始めているのが、
女性の建築士が、子育て中どんな働き方ができるかです。

子どもがいない前は、徹夜もざら。
明日までに現場の変更の図面書き、確認、調整、見積書依頼、
とりまとめ、、、こんなんを夜中にやってました。
だって現場は動いているので、次の日かその次の日には、
その回答を出して、指示を出さないといけないのです。

これでは、小さい子どもの世話と両立はできない。

そこで今考えているのが、
女性の家事の経験、子育ての経験を十二分に発揮できる仕事。

子育て中はこれに集中して、子どもが大きくなったら、
また従来の仕事に戻ればいい。

建築の仕事は、ブランクがあると非常に厳しい。
それを補うためにもある。

早く事業化したい。


子どもの成長

今日はお弁当日記ではありません。

先日、私が留守の間、娘が家で一人でいるときに夕立が降ってきました。

私が、帰ってくると、

「洗濯物入れておいたよ~~~」

との報告が。

この出来事、うれしく思わないお母さんはいないはず!

雨が突然降ってきて、ぬれたら困る!洗濯物を入れておこう!

そう自分で判断して行動したこと、自立の一歩だと、涙が出るほどうれしかった~~~~

大げさかもしれないけど、本当にうれしいです。



ついでに、お昼のお弁当のお弁当箱を帰ってきたら洗ってね、って
昨日お願いしたのですが、
今日家に帰ったらできているか楽しみです。

少しずつ、少しずつ成長を感じます。


子育て楽しい~~~

お弁当日記 家で食べてます




もうすぐ夏休み終わりです。
うちの子も、もれなく宿題に追われています。

今日も自由研究をするとか言って、
自宅でお弁当食べるそうです。


お弁当日記 夏休み後半戦始まってます







お盆が過ぎました。
夏休みの大きなイベントが次々と過ぎ去り、夏休みも後半戦です。

お盆でお弁当をつくらない日々が続いたので、
この後半戦は心を改めてそして入れ替えてスタート。

といってもおかずのグレードがアップするわけでもなく。。。

19日は、前の日の屋外プールの疲れが残っていたようで、
お弁当をつくったのに、いきいきに行かず、自宅で食べていました。はぁ。


「毎日、唐揚げがいい」
と昨日、娘がつぶやいて、私は
「そういうわけにはいかんでしょ」
と突っ込みましたが、
同じでいいんならそうしたいと思ってしまう自分もいました。


お弁当日記 キャンプに出発しました




今日から娘はスカウトのキャンプです。
一日目のお昼はお弁当なので、使い捨ての箱におにぎりを入れました。

俵型おにぎりをつくるのは久しぶり!
しかも一口サイズ!

昨日と同じおかずで申し訳ないですが、
唐揚げが入って満足してました。
入れるお弁当が違うと、違って見えますね。

とにかく、楽しく過ごして帰ってきてください!

お弁当日記 ラジオ体操 皆勤賞^ ^

最近の地域のラジオ体操は、夏休み全期間するのではなく、
夏休みの10日~2週間程度になっています。

その中で、がんばって行っていたのですが、
ようやく今年皆勤賞を取ることができました!!!

子どもの頃は、途中いなかのおばあちゃんちに泊まりに行くので
どうしても全参加できなかったのですが、
2週間程度だと、全部行けちゃうわけです。

この歳になって、皆勤とはうれしい限り。


というわけで、お弁当の内容より、ラジオ体操がうれしい今日この頃です。








キャラ弁はしばらくお休み。

また、やる気になったらがんばります。
(思ったより、楽しんでいる自分がいました)

お弁当日記 キャラ弁 第二弾 こまさん




娘のキャラ弁要求が、高くなってきました。

今度は「こまさん」

白い顔なのでご飯でいいのですが、角があったり、ほっぺがぐるぐるだったり。

ホント、食材に無駄が出るデザインです。

鳴門かまぼこはこのために買いました。
キュウリを角にしましたが、かまぼこも同様ですが、
ご飯の上にのせて大丈夫なのか?(食中毒問題で)
等々、気になることがいっぱい。

でもそれを気にしていると、何もできないんですよね。


で、やっぱりイラスト描いている私としては、
目のつけ方が命だなあと、改めて感じました。

これも何回作り直したことか!!!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。